くぎ煮.jp

レシピから歴史、コンテスト、くぎ煮検定まで。いかなごのくぎ煮のことならおまかせ!


くぎ煮のこぼれ話募集中!
いかなごにまつわる情報ならどんな内容でもOK!ご応募お待ちしています。
いかなごのくぎ煮振興協会
TEL:078-731-5735
FAX:078-734-0772
e-mail:info@kugini.jp



我が家のくぎ煮コンテスト
最優秀賞は、(株)伍魚福による商品化!




2009年3月14日 神戸長田区・丸五市場にて、「第7回 いかなごのくぎ煮コンテスト」が開催され、厳正なる審査の結果、最優秀賞は大城貴子さんのくぎ煮が選ばれました。



第6回 いかなごのくぎ煮コンテストの様子

第7回いかなごのくぎ煮コンテスト最優秀賞 大城さんのくぎ煮レシピ

材料
いかなご
1kg

<調味料>

濃口醤油
190cc
きざら
280g
75cc
みりん
170cc
土しょうが
70g
水あめ
大さじ強
国産レモンの皮
1個分
山椒の実
適量
200cc
寒天の粉
1g

手順
  1. いかなごを洗し、ザルに上げしっかり水を切る
  2. 土しょうがをよく洗い水気を取り、皮付きのまま細かく千切りに。
  3. 鍋より一回り小さいアルミホイルに、指で多めの穴を開けた落しブタを作っておく。
  4. 醤油、きざら、みりん、酒、水、土しょうが、水あめ、寒天の粉をあわせたものをしっかり煮立たせる。
  5. 煮立ったところに、いかなごを4〜5回に分けて入れる。手早く手でいかなごを均等にする。
  6. 事前に用意したアルミホイルの落としブタを入れ、強火で一気に煮立たせ、ふきこぼれない程度の火加減で煮る。この時、いかなごに泡がまんべんなくかぶさっている状態にする。箸などで絶対にかき回さない。
  7. 泡が鎮まり、いかなごの間に小さなブクブクでるくらい煮汁が減った時、中火〜弱火にしてアルミホイルのフタを取り、煮汁の残りの量を確かめながら煮つめ、レモンの皮を入れて少し煮汁が残っている状態で火を止める。鍋つかみを使って2〜3回ひっくり返す。
  8. 煮上がったら、平ザルにかえして残り汁を切り、すばやく冷ます。好みにより白ゴマをかけてください。
☆ ポイント ☆
  • ・鮮度の良いいかなごを選ぶこと!
  • ・煮汁を手早く捨てること!
  • ・手早く冷ますこと!
  • ・大きく厚手の鍋を使用すること!(1回に1kgが限度)